よくあるご質問

Q 1.  GPSを見つけるまでの時間はどのくらいですか?

  A. 最大で 2~4分程かかる場合もございます。

 

  GPS信号の検知時間は、ゴルフ場の在る地形や立地、天候等その環境にある程度影響されます。

    <GPS信号が検知し辛い環境とは・・・>

     ・クラブハウス等、屋根のある建造物内

     衣類内のポケット等(特にズボン等)


   本製品をご利用頂く際、電源を入れるのは、屋外に出た時に行って下さい。また、

   安定したGPS検知&受信状態を保つため、帽子のツバの部分に本製品を装着し、ご使用頂く事をおススメ致します。


  スタートホールが隣接しているコースの場合は、該当ホールから隣接ホールへ自動で移動してしまう場合がございます。

   ティーグランドに立っても正しいホール案内に戻らない場合は、一度電源を切って、再度電源を入れ直して下さい。


Q 2.  GPSの精度はどのくらいですか?

  A. 端末自体の精度は良環境下で3ヤード以下の精度で計測できます。

    端末及びコースデータ双方を加味した場合誤差は約3~5ヤードになります。

 

Q 3.  どこに付ければいいですか?

  A. GPSデータを安定して捕らえる為には、帽子・バイザーに取り付ける事をお薦め致します。

   視界を遮る事も、重さもほとんど気になりません。

   また、利き手が右手の方であれば、帽子のツバの右側に装着すると、人差し指1本

   だけのスライド・タッチ操作機能がとても使い易くなると思います。

   その他の場所に取り付けた場合で、体の一部に干渉する場合は、帽子・バイザー等へ取り付けてご使用下さい。

 

  A. 帽子やキャップの耳元に近い場所で音量を下げて装着すれば、周辺プレーヤーにも迷惑をかけないでしょう。


  ※カンタンに帽子のツバに装着する”裏ワザ”は下記「Q16」にてご覧いただけます。

 

帽子のツバに、ボールマーカーを付けている方は、耳元に装着する方法もおススメです。より耳元に近くなるので、音声レベルを最小にしても自分だけにはよく聞こえるし、周りのプレーヤーには逆に音声案内の音が聞こえづらくなるはず。

どちらに装着するのががいいのか是非お試し下さい♪


Q 4.  バッテリーの持ちはどのくらいですか?

  A. 約7.5時間です。(使用状況により異なります)

    プレー前日に必ずフル充電(約2時間程)を行なってからご利用下さい。

 

  A. 冷え込む冬場でのプレーの際は、気温が低いほどバッテリーの消耗度合いが高まり(放電し)やすくなる為、

    ハーフラウンド後の休憩時等、クラブハウス内での滞在時は電源OFFにする等工夫してご利用下さいませ。


  ※バッテリーを無駄に使わないようにするには、こまめな電源ON/OFFを行って頂く事を推奨致します。

   例えばですが・・・

    ① スタート直前の、マスター室前を出発した辺りで、電源をONにする。

       (コースに到着したらすぐに電源入れる様な無駄な事はしない)

    ② ハーフプレーが終了したら、すぐに電源をOFFにする。

       (クラブハウス内など建物の中に入ると、GPS位置情報の通信が途絶えてしまう為、本製品自体の機能として

        位置情報を検知しようとするのでバッテリー消耗度合いが上がってしまうのを防止できます)

Q 5.  コースデータは更新できますか?

  A. できます。ホームページで随時データの更新を行っております。

    ご使用前にプレーされる対象コースのデータが更新されているかどうかご確認下さい。

 

         ※データ更新 使用環境:Windows専用ツールにてダウンロード( XP Vista 8 / 8.110対応)他OSは不対応となります

      コースデータ更新サービスでお困りのお客様はコチラまで・・・

Q 6.  「 + / - ボタン」の操作方法について詳しく教えてくれますか?

  A.上側面にある「+/-ボタン」は、押し方で下記3つの機能が使えます。

 

    音量調節」機能

      +/-ボタンで音量の調整ができます(最小1~最大7まで)

 

    ヤード/メートルの切替」機能

      -ボタンを2秒以上長押しすると、ヤードかメートルの切替え出来ます。

      もし「メートル」音声になってしまった場合は、-ボタンを2秒以上長押しすると

                 「ヤード」音声に切替ります。

 

    手動ホール変更」機能

      +ボタンと-ボタンを同時に長押しすると、手動でホール選択する事が出来ます。

 

 

Q 7.  ホールを手動で変更する事はできますか? (他ホール迄の残ヤードを音声案内してしまう場合)

  下記、2つの方法がございます。

  A-1.<OUT、IN等の9ホール間での変更方法>

     音量ボタンの、+ と - を同時に長押し(2秒以上)すると「手動」でホール選択・変更が出来ます。

     ホール番号を増やす時は、+ボタン を押す。

     ホール番号を減らす時は、-ボタン を押す。

    ※尚、ホール切替は認識しているコース内(OUT、IN等の9ホール間)での変更のみ可能です。

 

   A-2.<ホール認識をやり直す方法>

     本体電源ボタンをOFF(2秒以上長押し)にし、再度、本体電源をONにし再起動して下さい。

     尚、再起動する場合は、ティーインググラウンドのエリア内で行って下さい。

    (もしフェアウェイ途上で再起動をした場合、ティエリア認識をした次ホールより通常使用が可能となります。)

Q 8.  各ホールに設置されたヤーデージ看板の数字と、音声案内する距離とに差が出るのは、何故ですか?

   A「ボイスキャディ3」は、グリーンまでの最短距離(ショートカット)水平の直線距離常に計測し音声案内をする製品ですので

     ティーインググラウンド上に設置されたヤーデージ看板の表示数値とは異なります。 (特にPar4、Par5ホールでは)

 

    【その理由は・・・】

    ゴルフ場のティーインググランド上に設置されたヤーデージ看板に表示されている数値というのは、コース設計者が

    ホールレイアウトにそって定めたIP基準点をもとに、1打目、2打目、とIP地点をいくつか経由した、それぞれの合計数の

    距離数値を表示しています。

    つまり、ティーインググラウンドに立って、真っ直ぐなホールレイアウトにたとえ見えた

    としても、決して一直線ではなく、必ずジグザグなIP基準点に基ずく各距離数値の合計

    数が、ヤーデージ看板には表示されています。

    そうした理由から、ヤーデージ看板の数字の脇で、本製品が音声案内する数値とを比較す

    ると、ほとんどのケースで、本製品の音声案内の方が短くなり、ヤーデージ看板の数値と

    は異なる音声案内をする訳です。

     (右記図の通り、ドッグレッグホール等はその差がより顕著になります)

    本製品を使ってスコアアップの為に有効にお役だてて頂けるのは・・・

     ドライバーを打ち終わった後のショット、つまり、直接グリーンを狙う2打目、3打目等で

     ご自分のボールの上から本製品を使ってグリーンまでの残ヤードを確認ていただく事です。

     どうか本製品をお使い頂き、ピンがらみの素敵なドラマが生まれます様に有効にご利用下さい

 


    尚、グリーンまでの水平の直線距離を音声で案内しますが、

    本製品が案内する数値には高低差は加味されておりません

   高低差、勾配を測定する機器はゴルフ規則14-3の対象(下記Q欄、要参照)

 

TEE看板の脇で残ヤードを調べてみると、

看板表示されているヤード数と本製品とでは

案内するヤード数値は必ず異なります。  


    パー3ホール以外であれば、グリーンを直接狙える2打目や3打目の際、

            本製品が音声案内する”水平直線距離”案内をもとにクラブ番手の選択等

    その状況判断に有効にお役立て下さい。

    これで、スコアメイクに繋がる「イイ事」がどうか起きますように・・♪


Q 9.  競技では使えるのですか?

  A.R&A、及びUSGAの2006年~2008年ルール裁定集の見直しにより、2006年1月1日より、アマチュアゴルファーの

    一般的なプレーにおいては、全てのラウンド(ゴルフコース)での距離測定機器使用が認可されています。

    ※競技での使用の可否については、競技会の委員会、事務局等にご確認の上ご使用ください。  

 

  A.月例会等ゴルフ場の公式競技会での使用については、ローカルルールで距離計測器の使用が認められていれば、

    競技時の使用は問題ありません。 (このところ全国各地のゴルフ場様でローカルルール改正が相次いでおります)

    但し、ここで云う距離計測器とは、距離のみを計測する機器の使用を許す・・と限定されています。

    つまり、高低差や傾斜、風、方向を計測する機器の使用は認められておらず、こうした機器を使用した場合、たとえそうした

    追加的な機能が使用されなかったとしても、競技会で使用した際は規則14-3の違反対象となる場合もあります。 

 

   「ボイスキャディ3」は距離のみを計測するルール適合型機器につき、ゴルフ場の

    ローカルルールで認められていれば、月例会等ゴルフ場の公式競技会での使用は全く

    問題ございません。安心してご利用頂けます。

 

    【ご参考】

     JGAゴルフ規則裁定集

        第3章 規則14-3/0.5「距離計測器の使用を認めるローカルルール

     JGAゴルフ規則

        付属規則IV (機器と他の携帯品) 5距離計測器(規則14-3)

 


Q 10.  海外のコースでも利用可能ですか?

  A.世界約40,000コース以上のデータ収録につき、日本以外でも

    使用可能です。

 

            (海外コースでも日本語で音声案内します♪)

 

    尚、海外コースの一部にはグリーンセンターの緯度経度データしか

    登録されていないコースもありますので、右記グローバルページ内

    「コースリスト」より、プレー予定コースのデータの有無、並びに

    フロント&バッグエッジデータが収録済みかの状況等も、ご出発前

    に併せてご確認下さい。 

 

 

   ※ グローバルページ(英語版)は コチラから ♪

▲画面左の空欄(Search)より、国名, 州, 都市,等を選択し、プレーコースの有無を事前にご確認下さい。
▲画面左の空欄(Search)より、国名, 州, 都市,等を選択し、プレーコースの有無を事前にご確認下さい。

Q 11.  ダウンロードがうまく出来ないのだが?

  A-1.データダウンロードがうまくいかない場合、まずはじめに下記内容をご確認下さい。

 

   ご利用頂いているPCのOSをご確認下さい。

     対応しているのは「Windows」の「XP / Vista / / / 8.1 / 10 」の「日本語版」です。

     「Mac」には対応しておりません。

         ⇒ 該当される方は郵送によるコースデータ更新方法にて対応が可能です。

 

   海外で購入された製品ではありませんか?

     弊社HPでは、弊社が販売、もしくは発売元になった、日本国内で販売されている製品の

     ダウンロードのみデータ更新が可能となっています。

     海外で購入された製品(日本語版以外)は、弊社HPの右上にある「Global」から海外サイト

     に行き、当該国ページでデータ更新を行って下さい。

         ⇒ 該当される場合海外モデルのデータダウンロードについてをご確認下さい

    

    



  A-2.上記印に該当しない場合、以下手順にそって更新作業が行われているかご確認下さい。

 

    【手順1】ご登録

         ・ダウンロードページにて「ご登録」後 弊社より「Mail」が送信されます。

 

    【手順2】「パスワード保護領域」にログイン

         ・弊社からMailでお送りしたアドレスをクリックし、

          同Mailで送信したパスワードを入力し、「ログイン」ボタンを押して下さい。

    

    【手順3】「ボイスキャディ3(VC300)の本体」をPCと接続。  

         ・付属品のmicro USBケーブルを使用し、本体とPCを接続して下さい。

 

    【手順4】データを外部からダウンロードする準備を行う。

         ・上記「手順2」でログインしたページの右側にある

          「最新コースデータ/ファームウェアのダウンロード」の下部(9行程度下)

           にある、「ダウンロード」をクリックします。

         ・その際、PC画面上に、

          「u.jimdo.comからVCMJ1.ZIP(1.08MB)を開くか、または保存しますか?」

          というメッセージが出た場合は、「ファイルを開く」をクリックして下さい。

          (注:この表記が基本ですが、他の表記の場合もあります。その場合は、

           ダウンロードしたファイルを開く動作を実行してください。)

 

    【手順5】データを外部からダウンロード。

         ・上記「手順4」で「ファイルを開く」を行うと、新たなフォルダが出ます。

          その中にある「VCMJ1」のファイルをダブルクリックします。

         ・「発行元を確認できませんでした。このソフトウェアを実行できますか?」

           という警告が出た場合には、警告を無視をし「実行」をクリックします。

 

    【手順6】自動的に Voice Caddie Manager が起動。

         ・上記「手順5」を実行すると、Voice Caddie Managerが自動で起動し、

          コースデータ更新やファームウェア更新が可能になりますので、

          必要に応じて更新を行って下さい。

 

     以上となります。

     上記内容にて、データ更新が可能と思いますが、万が一出来なかった場合は、どの部分で

     どのような事象が発生した為に更新が出来なかったのか弊社まで詳細をご連絡下さい。

 

     また、「PC作業が負担」という方や「使用しているPCのOSがサポート外」という方には

     「郵送によるコースデータ更新」サービスを準備しております。

        (製品の往復の送料はご負担いただく事になります)  詳細はコチラから♪

  A-3.データ更新を行う必要性について。

 

   弊社HP内「対象コース」ページに、データ更新したゴルフ場名を随時記載しています。

    その欄に、行かれるコース名の記載が無い場合、あわててデータ更新を行って頂く必要は特にございません。

 

 


Q 12.  グリーンが左右2つあるホールの場合、どのような操作をするの?

  A.2グリーンのゴルフ場(ホール)であっても、特別な設定や面倒な操作はありません。

    1度だけの操作(ワンタッチ)で、左右両方のグリーンまでの距離を一緒に音声案内致します。

 

   例:本体中央部分のメインボタン(グリーンセンターまでの距離案内)を1回押す(クリックタッチ)と、

     「左グリーン センター○○ヤード、右グリーン○○ヤード」と左右の2グリーンを同時に音声案内します。

 

   グリーン毎にその都度ボタン操作で左右の設定を切替える手間を本製品は省き、カンタン操作となりました。

     

         ⇒ 詳細は音声案内にてご確認下さい。

 

 


Q 13.  使用中、雨で濡れてしまった場合はどうしたらよいでしょうか?

  A.本製品は、完全な防水仕様ではございません。

 

   もし雨に濡れてしまったような場合:

    プレー後、雨に濡れたまま湿気湿度の高い状態のままでの保管放置する事の無いようにお気をつけ下さい。

 

   ※ 本製品をゴルフバッグの中や、濡れた衣類等と一緒に湿度の高い環境のまま、しまいっ放しにしてしまうと、

    製品内部の電子機器が湿気を帯びた状態のままとなり、基板のIC端子や回路等が腐食(サビ)してしまう原因

    となります。

 

    プレー後、バッグ等の中に仕舞い込んだままにせず、外に取り出して、空気の流れる通気の良い状態で

    保管、乾かすことを推奨致します。

 

   もしプレー中に雨が降ってきた場合は、すぐに電源OFFにする。もしくは、

    雨に濡らさない様に帽子のツバの下側(内側)に装着してご利用下さい(写真参照)。



充電口(USB)に水が入らないよう十二分にご注意ください。

 

もし濡れてしまった場合は、雨水を拭き取ったあと

 少しでも乾燥する環境の中で保管しておく事をお薦めします。 

 (濡れたまま湿気が残る衣類やゴルフバック等に入れたままにしておかないで下さい)


注:雨天・荒天時の使用が原因となる不具合等については保証対象外となります




Q 14.  突然?「 メートル・・・」と音声案内をするようになった場合はどうしたらよいでしょうか?

  A.本製品は、「ヤード」か「メートル」の音声にてグリーンまでの残距離を案内する事が出来ます。

    (全世界ゴルフ場対応機種につき、各国距離の基準単位に則したY/m切替機能が標準搭載されています)

 

   「ヤード」音声と「メートル」音声の切り替えボタンの操作方法は下記となります。

    

   ※ ヤード/メートルの切替」機能

      音量を調節する「-」(マイナス)ボタンを 2秒以上 長押しすると、ヤードかメートルの切替え

               出来ます。

     もし音量ボリュームを下げる為にマイナスボタン「-」を押していた時に、「メートル」と音声案内を

     した時には、もう一度、「-」ボタンを2秒以上長押しをすると「ヤード」と切替ります。

 

   <ご参考>

     ちなみにですが・・・

       1ヤード = 91.44センチメートル  です♪

 


Q 15.  充電が何故か急に出来なくなったのだが・・・

  A.充電用USBケーブルが断線しているか、ケーブル先端のコネクター内部の不良等が考えられます。

 

   まずは、充電(通電)しているかどうかの下記検証を行って下さい。

  【検証方法】

    本製品にUSBケーブルとACアダプターをつないで充電してみた時に、本体の表面に

    LEDが点灯(通電)しているかどうかを確認します。

 

    通電している場合は、充電中は赤色のLEDランプが点灯します。

                  (充電完了後は 緑色に変わります)

 

    もしLEDランプが点灯していない場合、本体内部の基盤故障か、USBケーブル内の断線

    考えられます。(又はコネクター内部) 

                ⇩ ⇩

   ▼ 緊急対応策 ▼

   もしもお手元に、スマホやデジタルカメラ等で充電口が同サイズのマイクロUSBケーブルをお持ち

   であれば、充電差込口の形状・サイズをご確認して頂き、ボイスキャディ3のケーブルに差し代えて

   充電が出来るかどうかお試しください。 

 

    それでも充電できない場合又は他製品用のUSBケーブルをお持ちでない無い場合は

    「ボイスキャディ3の製品本体・USBケーブル・ACアダプター・保証書」を一式セットで

     弊社宛(右記)にお送りください。弊社にて状況・状態を確認し対応させて頂きます。

          (その他ご不明点等ございましたらコチラからもご相談承ります)

          

~ 送付宛先 ~


103-0016 

東京都中央区

日本橋小網町18-10 

J-SQUARE日本橋5

(株)プライムメイツ カスタマーサービス係

☎:03-5623-7541


Q 16. どうすれば、帽子にカンタン装着できるの?             

       【裏ワザ】

    ① 本製品裏面のクリップ先端部分緩やかなカーブ曲線部分の先端)を帽子ツバ右側の装着部分に添えます・・・


   ⇩



    ② その『クリップの先端』を帽子のツバの面に対し直角に近い角度に合わせ(引っ掛け)てから・・・


   ⇩



    ③ 緩やかなカーブ曲線部分の先端を「テコの原理」を使ってサッと差し込みます♪


   ⇩



     これで、超カンタン&オシャレに力要らずで装着完了!! (強引にキャップに差し込む必要などありません♪)

Q 17. どうすれば、日本語の音声を英語に言語変換をできるの?             

  A.音声の 英語 or 中国語への言語変更が可能です。

        弊社ホームページからデータダウンロードへ進んでいただきますと、簡単に行えます。

        ただし、対応するOSWindows XP, Vista, 7, 8, 8.1, 10となっています。

        (※Windows以外の場合は、弊社にて作業を代行いたします)

 

 音声案内(英語への)言語変更手順

 

   1.      弊社ホームページにアクセスしてください。  http://www.voicecaddie.jp/

   2.      「ダウンロード」をクリックし、登録フォームにご記入の上「送信する」を押して下さい。

      (ホームページは閉じていただいて結構です。)

   3.      弊社からパスワードを記載しダウンロードページへアクセスするためのメールが送信されます。

      (受信したメール内のURLをクリック。パスワードを入力。)

   4.      ダウンロードページ(Voice Caddie Manager)が表示されたら、PC付属のUSBケーブルで

     ボイスキャデイ3製品本体を接続てください。

   5.      まず「本体データ確認」をクリックしてデータ更新を行い、次に「コースデータ更新」後、

     「VC言語変更」に進み「英語」を選択して言語変換のデータ更新作業を行ってください。

 


Q 18. 寒い時期に電子機器を使用する際、気をつけておかなければならないが事あるって本当ですか?

  A.冬場にパソコンやスマホが何故か起動しなくなった!そんなトラブルが多発している事はご存知でしょうか。

    その原因の多くは『結露』。

    パソコンやスマホは高性能で内部が細分化・薄型化が進み、結露に弱くなっているのだとか・・・。

 

    電子機器でもあるゴルフGPS”ボイスキャディ”も、同じ事が起きてしまうケースはゼロではありません。

 

    結露のメカニズムを知り、トラブルを未然に防ぎましょう!

 

     電子機器製品の大敵「結露」とは?  対処方等、詳しくはコチラから

 

           尚、余談ですが、寒い時期はバッテリーが放電しやすい時期でもあります。

           外気に触れてボイスキャディが冷えてしまうとバッテリー消耗度合いが高まり、使用度合いによっては

           ラウンド後半のバッテリー残量が少なくなりがちです。


           例えば、ハーフラウンドが終了した後、すぐに電源OFFする事を当社ではおススメしていますが、

           乗用カート等に無造作に放り込んでおくなど、屋外に放置したままでもバッテリー放電は進んでしまいます。

           ランチ休憩時等は「冷え」から守る事。キャップからいったん取り外し、可能であれば内ポケットに入れる

           等、冷やさないように配慮しましょう。

 

 


  Voice Caddie - Your Golf Life Partner     ” Voice Caddie is the world's first voice-guided golf GPS rangefinder."

_________________________________________________________________

※「特定商取引に基づく表記」に関しては下記「利用規約」をご覧ください。